ワーク感想

感想・フィードバック

メールレターに頂いたフィードバック、そしてセッションやワークを希望して下さったかたから届いた感想をまとめました。

※は予定されているものです。

4月

個人セッション(内容)人間関係

5月

個人セッション(内容)生き方

個人セッション(内容)子どもの受験

感想

  • 子どもにもっと頑張れ、もっと上をと思っていたけれど、昔の自分と向き合えたことで「そんなに頑張らなくても幸せじゃないか」と思えるようになった。
  • 自分がしてほしかったこと「ありのままを認めてほしい」を忘れて、同じことを繰り返してしまっていたと気づいた。

6月

グループワーク(内容)子育て

感想

  • 自分の中で繰り返し自問していたことなのに、言葉にして伝える→リフレクション(内容を返す)されると違うことに感じた。
  • 自分の気持ちを誰かに聞いてもらえる機会は普段なかなかなくて最初は緊張したけれど、安心して聞いてもらえた。
  • 普段は口に出したらいけないと思っていることを話せてすっきりした。
  • 自分の時間を作れて嬉しい。
  • 3人でワークをしたことで、悩んでいるのは自分だけではないと感じられて安心した。
  • 尊敬していた相手も悩みがあると知って、自分だけじゃないんだと分かって安心した。
  • 普段は誰かに言いづらいことも安心して話せた。

個人セッション(内容)夫婦

感想

  • すっきりした。
  • 夫に愛情はないと思っていたのに、あったことが発見できた。

共感カフェ(参加者5名)

感想

  • 自分の願いを知ることで見えてくる解決の糸口がある気がした。
  • 自分を見つめることの大切さが分かった。
  • 一人では探せなかった感情に気づけてすっきりした。
  • 自分で探したニーズ以外が見つかるのが嬉しい。
  • 人のことばかり気にして、自分のことが分からなくてモヤモヤしてけれど、すっきりした。
  • 自分の在り方について考えてきたけれど、ヒントをもらえた気がする。
  • 参加してよかった。また参加したい。

個人セッション(内容)人間関係・生き方

感想

  • 安心感の中、解放された気持ちになれて本当のことが話せた。
  • 今まで自分の気持ちや本音は言ってはいけないと思っていたのかもしれない。
  • 自分の意志や好み、大切にしたいものなど隠れていたものが引き出すと言うのか、抑えつけられていたものが軽くなってきた。
  • 違いを認める、相手を認めるには、まず自分の思いを認めないと辛くなるんだと知った。
  • これからはめんどうくさい奴と思われても、自分の気持ちを伝えてみようと思った。

7月

個人セッション(内容)人間関係・生き方

感想

  • 心に意識を向けていると、小さい自分がぴょこぴょこと出てきている。
  • ずっと周りからの承認や愛をほしくて、頑張ってきたということに気づいた。
  • もっと自分のことが知りたい。

個人セッション(内容)人間関係・生き方

感想

  • 自分と子どもの共通部分を改めて発見した。
  • 自分が大切にしていることとがどんなことなのかを知り、相手が大切にしていることとの違いに改めて気づいた。
  • 自分の特性を知ることが大切だと思った。

ニーズカードワーク(参加者3名)

感想

  • こんなに感情を出していいんだよという場に出会ったことがない。漠然と抱いていた感情を目の前にさらけ出して改めて見てみると、気づいていないものがたくさんあった。
  • ニーズカードで最初に選んだものと、深く探ったあとに選ぶカードが微妙に違っていたことも興味深かった。
  • 昔から抱えていた不安や怖さに改めて向き合った。今でも心の底にある怖さと認められたい気持ちに気づいた。
  • どんな自分でもいいと認めたい。
  • ママ友などとの会話は愚痴や怒りの発散で終わってしまうけれど、カードを使うと自分が本当は欲しかったものが見えた。
  • まずは自分を認め、そして相手も認められるようになっていけたらいいな。

グループワーク

感想

  • 初めてのNVCワークで、2時間があっという間だった。
  • 単発で終わらせずに、また参加したい。
  • もっとNVCについて知りたい。
  • ワークは自分の番でなくて、相手のかたのワークからも得られるものがあるのだなと思った。

グループワーク

感想

  • 一緒にワークをした友人が、知らなかった感情に出会える場面が見れて嬉しかった。
  • どんなことでも丁寧に自分の感情と向き合うのと、表面的なことだけで流すのでは大きな違いがあると思った。
  • 今まで何を見てきたのだろう。今までの自分の視点がもったいない。
  • もっと人生を味わいたい。
  • 自分で気づいていなかった感情が溢れてきて驚いた。
  • 自分の話をゆっくりと聞いてもらって、家に帰ったあとに子どもとの会話でゆっくりと聞けている自分に気づいた。
  • 子どもの行動や意思決定を自分が誘導していたことにも気づくことができた。
  • 子どもの気持ちを尊重して、その決定をともに祝福することができた。

8月

共感祭りグループワーク

感想

  • 他の人の話を聞いているだけで自分のニーズのように感じられてお腹がいっぱいになりました。
  • 子どもの頃からの自分の中にあるもの、モヤモヤを話す場は今までなかった。何を話しても安心という場があってよかった。
  • 他の人の話を聞いて、その人の感情やニーズが自分の中にもあるなと感じられた。
  • NVCをもっと知って、自分を認められる自分になりたい。
  • 自分に深く入り込み始めて迷子になっていた。頑張りすぎていたことに気づいた。
  • 一つでもできたことがあったら、自分を認めて褒めてあげられたらいいなと思う。
  • 自分のことをこれから少しずつ好きになって、自信を持てるようになったら嬉しい。
  • 子どもたちにも愛情を言葉でも体でも表現してあげられる日がくるといいなと思っている。
  • 今までは人前で絶対に泣けないし、弱音も吐けなかったけれど、感情をだしても安心な場所と出会えてうれしい。
  • 小さい頃のわたしが欲しかったものを、今自分で満たせていることが嬉しい。
  • メールレターの中にあった「自分の感情やニーズと繋がった瞬間に、分かち合えないかもと思っていた相手のニーズが見えたりして・・・」という文章を体感している。
  • 新しい自分を見つけられてすごく楽しい。まだ参加したい。

共感祭り夜の部

感想

  • 充実した時間だった。
  • 他の人の意見や自分の考えをよく聞いて客観的に考えてみるなんて、今まで一度もなかったかも。
  • 参加後、心に少しゆとりができたような気がする。
  • ニーズにはネガティブさがないことが不思議だった。
  • 憎しみの気持ちは、はじめからあるものではなくて、相手がいてはじめて生まれるものなのかな、と感じた。
  • また参加したい。

共感祭り親子ワーク

感想

  • 子どもと一緒に参加できるのを楽しみにしていた。
  • 普段は言葉にすることのない気持ちを感じることができて嬉しかった。
  • 自分と同じカードを子どもも選んでいることに驚いた。
  • 毎回自分の選ぶニーズが変わるのが楽しい。
  • 安全の中に心の成長があることを感じた。
  • 感情を絵で表現したことで、より開放を実感した。
  • 多様性を実感できた。
  • カードが作れて楽しかった。

共感祭り グループワーク

感想

  • 過去の自分と向き合っていくことを重ねて、心が軽くなっていくのを感じる。
  • 不安定な感情と向き合い、本物である自分に近づきたい。
  • ありのままの自分でいたい。
  • 親子関係にモヤモヤしていたが、気持ちが軽くなった。
  • モヤモヤした感情に名前がついた。
  • 自分は強い感情を持っていないと思っていたけれど「恨み」というワードにハッとした。
  • 感情に気づいたり、願いを自覚することで冷静になれる気がする。
  • 他のかたのワークを見て、自分と同じ感情や違う感情を見つけることができた。

オンライン共感カフェ

感想

人が一緒にいる意味が明確になりました。

今や、一人で生きていける風に勘違いできる時代です。

むしろ人といることが辛い、ひとりでいたい、そんな思いが、人と居たい気持ちに勝ちそうな時が過去にたくさんあったから、

多様性とか、インクルーシブとか、嬉しいけど、内心は大変だ、って、感じてきたから、どうやってやるのか知りたくて「みんなの学校」を観に行ったりして、

方法うんぬんより、まず、私はどっちがいいの?って思うことも、何度もありました。

今日のワークを参加の方とやってみて。

今日のイベントを開催して、私は、人と一緒にいたいし、みんなに楽しくいてほしいし、私は、何より私が私でいることが大好きだし、違う一人一人が一緒にいることで、大好きな自分を見つけることに繋がっている、とわかりました。

=============

『相手も自分も傷つけないコミュニケーション』という言葉に、ハッとしました。

理不尽な状況下において、それに対し暴力的・対立的なふるまいをする人々と、どんな状況であっても愛情深くあろうとする人々との違いはなんなのか?その研究から発生したというNVC。

自分自身の本当の願いを相手に伝える前に、

相手に対して正論や決めつけ、対立姿勢をとってしまうことが、いわばここでいう《暴力的コミュニケーション》。

こう見えても短気な自分には心当たりがあり、よく反省する種にもなっているので、客観的に分析されている図はとても良かった。(今後、そうなりそうになった時に思い出せるので)

のりちゃんの素敵な歌声を聴くこともでき、気づきもあって、家にいながら人と学べる楽しさをまた味わいました。

メールレターへのフィードバック

  • 怒りの感情の原因は相手にあると思っていたのに、自分の中にあると知って驚いた。
  • 行動できないことはあっても、NVCが心の中にあることが段々と当たり前になってきた。
  • 私も不安につぶされそうな気持をイライラでしか表現できず、誰にも受け止めてもらえない時がいくつもあったように思った。
  • NVCは薬ではないけれど、人間に有効なサプリメントの様に感じる。
  • 子どもの言葉に心から共感していると、子どもも納得してくれることが多く、反対に言葉は「そうだね」とか優しい言葉で共感していて、心が離れているときは納得してくれないことに気づいた。
  • 自分に向き合うと心に余裕が持てるんだ!疲れてる時、相手の気持ちを考えるのは難しいけど、自分の気持ちに目を向けるなら、できるかもしれない。私にとって大発見ですごく嬉しい気持ち。
  • 今までも『怒らない子育て講座』など色々なお話しを聴きに行ったが『こうすればいいんだ!頑張ろう』と思うものの、三日坊主までもつかどうかだった。頑張って1週間位気を付けていても、段々と薄れていき、元に戻ってしまう。まずは自分と向き合わなくてはいけなかったのかな…。基礎工事が出来ていない建物は、どんなに素晴らしい出来のものでもすぐに壊れてしまうから。
  • ワークをしてみて、今まで見ないようにしていたけど、すごく傷ついてる自分に気づいた。傷ついてるのがわかってしまってからは、すごく辛かった。自分が自分の気持ちを見ないように無視していたこと、自分がされて腹立つのに自分自身にしていた。相手を変えるのはすぐにはできないけど、私が私の気持ちを無視するのはやめようって思った。
  • 向き合うって疲れるけど、心のモヤモヤが整理されて気持ちがいい。

 

-ワーク感想

© 2020 Koko Color  ココ*カラ